膣を鍛えて健康維持

困る女性

様々な効果が期待できる

最近は膣のゆるみに悩む女性が増加しています。女性にとって子宮は切っても切り離せない大事な臓器です。膣は子宮と直結しており、ゆるむと頻尿や尿もれなどの原因に繋がります。中高年から高齢者、若い女性までいろんな年代の女性が悩まされています。お尻や子宮、尿道周辺の筋肉を骨盤底筋群と呼び、あらゆる原因でゆるんでしまいます。膣がゆるむ主な原因は、出産と加齢です。ゆるみはお風呂上がりに膣から水がでたり、性交渉や生理などに支障がしょうじてしまったりします。運動不足が原因で、若い女性がゆるみで悩むパターンもあります。膣トレは、予防するのに最適な方法です。自分でできる簡単なトレーニングで膣のゆるみを予防できます。特に40代を過ぎた女性は膣がゆるみやすくなっているので、積極的に行ってください。 まずお尻の周辺をキュッと引き締めます。複式呼吸を心がけて、息を止めないように行ってください。5秒ほど引き締めたら、ゆっくり戻します。これを1日に数回行います。膣トレは、毎日行うことで効果がでます。 膣トレ専用のグッズもあり、ゆるみの改善に役立ちます。ゆるみがひどい場合は、クリニックや病院で治療を受けるのがおすすめです。高周波治療や磁気治療を症状に合わせて最適な治療法を医者が選んでくれます。喫煙や寝不足などの生活習慣の乱れは体に大きく影響します。膣トレの効果を上げるためにも、生活を見直して健康的な習慣を身につけてください。